ご高齢の方にオススメ!ウォーキングシューズ

こんにちは。

柔道整復師の安達です。

私の院では、足のサイズを測るサービスを無料で行っております。

と、いうのも私自身足に合った靴を履いていなかったですし、それで痛みが出る事もありました。

靴の勉強をするまでは足に合っていないサイズの靴を履くことが、そんなに体に影響する事もないと思っていたのです。

しかし!!!

勉強をしてみると奥が深く、足の裏が痛くなったり、膝や腰が痛くなるなんて事の原因にもなる事が分かりました。

それだけではなく足のサイズと靴のサイズが合っていないというのは

歩きにくい

という事に直結します。

足の力を地面に伝える時に、足と靴がフィットしていないと靴の中で足がズレて力が地面に上手く伝達出来なくなるんですね。

成長期のお子様で言うと、急に足が遅くなったという話も聞きます。

足が靴がフィットしてないと言う事は、地面に力を伝えるのにロスが発生しますから、その分推進力が低下して、結果的に足が遅くなってしまうのです。

なのでまずは、足のサイズを把握することが大切です。

嘘のようなお話で、足のサイズを測って靴をオススメして、整骨院で販売しているインソールを購入頂いたところ

2000歩も歩けなった方が8000歩近く歩けるようになりました。

これはすごい事です!!

歩けると認知症予防や糖尿病予防にもなりますから、歩けるということは非常に大事な事なんです。

では、ここからは足のサイズについて解説していきます。

多くの方が認識されている24cmという表記のものは足の長さを表したサイズになります。

しかし、ここのサイズだけで靴を購入してしまうのは一旦待って下さい!

ここから測らなくてはいけないサイズがあります。

それはウィズです。ワイズとも言います。

『幅広設計3E』

なんて表記を見たことありませんか?

この3Eというのがウィズサイズになります。

ただ、このウィズは純粋に幅を表しているのではなく、足の長さに対しての周径から導き出す数字です。

測り方はこちらをご参考にしてみて下さい。

ウィズはAが細く、B C D E 2E 3E 4E F と幅が広くなっていきます。

基本的に靴の作りはメンズやユニセックスが2Eが多く、レディースはDやEが多いです。

メーカーによってもウィズの表記は違うので注意が必要です!

New balanceでは、Dや2Eと表記されていますが

asicsでは、NarrowやStandardやWideと表記されます。

asicsサイズ表記について

意外とウィズの展開を知らずに足に合わない靴を履いてる方が多いので、是非1度測ってみて下さい。

こんなアイテムがあれば家でも測れそうですよね。

私が院で使用しているフットゲージは目盛りも正確で安心して使えるのですが、足の測り方を知らないと数値がズレてしまいます。

なので、上記のアイテムでも良いのですが、しっかりと測ってもらった方がいいです。

ちなみに、機械で測ってくれるところございますが、意外と数字がズレます。

機械と手、両方で測ってもらった方がいいでしょう。

最後に私のオススメの靴をご紹介して終わりとなります。

New balanceの585シリーズ。

この靴はご高齢の方に大変オススメな靴です。

横にチャックがついているので脱ぎ履きがしやすいです。

さらにはウィズの展開が素晴らしい!!

1点注意があるのですが、このシリーズの靴…

Dが2Eあります。2Eが4Eあります。4Eが6Eあります。

なので、表記通りに購入すると大きいサイズの靴を買う事になってしまいますから、その点はご注意下さい!

WW585(レディース)

MW585(メンズ)


安達愛美(柔道整復師)

自身の学生の時のケガをきっかけにスポーツトレーナーを志す。
その後、国家資格取得の為に専門学校に入り直し見事合格。整骨院を開業し自身で治療家として活動すると共に、学生スポーツの現場でもトレーナーやコーチとして活動している。

●スポーツメディカル整骨院 院長
 ▷整骨院ホームページ
●一般社団法人 日本治療家研究所 理事
 ▷法人ホームページ
●都立高校水泳部外部指導員
●公立中学校バスケ部トレーナー


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です