チームに1つ!救急バッグの中身でこれは揃えて欲しい物品

チームにトレーナーとして帯同している私が

「これは、チーム単位で揃えて欲しい!」と思う物品を厳選させて発表していきます。

どれも、私が実際に現場に持って行っている物品関係になります!

有事の時に役立つ者達をお伝えしますので、是非チーム単位で揃えてみて下さい。

救急バッグ

私達トレーナーはトレーナーバッグとも言います。

潰れてしまうようなカバンですと、中でテーピングや包帯が潰れて使えなくなってしまうかもしれないので、四角く潰れない物がオススメです。

こちらのmoltenのバッグは、大きさもちょうど良く中に仕切りがあるのと、透明なケースも入っているので衛生物品と分けてしまう事ができます。

アイシング用品

スポーツ中のケガの応急処置といえば、アイシングが主流ですよね。

アイシングは重度の肉離れの治癒を遅らせる内容の論文が出ていますが、炎症を広げない為にもアイシングは行えるようにしておく事が大事!

ちなみに、氷嚢には氷と水を入れて空気を抜くように蓋を閉めると患部に冷たい水がピッタリくっつきますよ!

※ちなみにコールドスプレーは、表面しか冷えませんし凍傷のリスクがあるので、私は使用していません。

アイシング用フィルム アイシングラップ 幅100mm×150m アイシング アイスバッグ 固定 LINDSPORTS リンドスポーツ

価格:540円
(2023/4/8 09:53時点)
感想(13件)

ハサミ

え?ハサミ!?

なんて、思った方!

ハサミは大事なアイテムです。テーピングをカットしたり、服を切らなくてはいけない緊急事態にも必要になります。

⚫︎足首のテーピングを切りやすいハサミ

テーピング用ハサミ LINDSPORTS リンドスポーツ

価格:990円
(2023/4/8 09:54時点)
感想(5件)

⚫︎テーピングのノリがつきにくいハサミ

テーピング用はさみ 21cm LINDSPORTS リンドスポーツ

価格:3,270円
(2023/4/8 09:54時点)
感想(1件)

ゴム手袋

現場で鼻や傷口から出血した場合、ゴム手袋をつけての処置が必要です。

血液というのは感染経路にもなるリスクがあります。

他人の血を触れるというのは危険な事と認識して下さい。

テーピング類

チームでよく使用するテーピングは、競技によって違います。競技特性を考えて準備して下さい。

⚫︎ホワイトテープ

テーピングといえばこのホワイトテープが思い浮かぶと思います。固定用のテーピングで伸び縮みしません。

縦に細く裂けば指にも使用可能です。主に足首や手首の固定に使われます。

ホワイトテープ50mmは38mmより太いテーピングです。足が大きい方の足首にも使われますし、膝関節の固定にも使われる事が多いテーピングです。

⚫︎キネシオテープ

ホワイトテープと違い伸縮性があります。よく筋肉のサポートとして使われますが、柔らかい固定に使用する方もいます。

キネシオは足底のテープや、指の軽いサポートにも使われる事が多いです。

ラインナップは25mm/38mm/50mm/75mmが基本サイズで、用途はそれぞれ違いますが私が良く使うサイズは50mmです。

⚫︎エラスティコン

キネシオと同じ伸縮性のある分厚いテーピングで、こちらも固定用で使われます。

50mmは足首や肘に使う事が多く、75mmは膝や肩に使う事が多いです。

分厚い為値段はやや張ります。

⚫︎自着性テープ

包帯の代わりにもなる自着性テープ。これはノリで貼るテーピングではなく、テープ同士がくっつく不思議なテーピングになります。

応急処置の際に重宝しますし、テーピングが剥がれないように上からカバー出来ます。

包帯/バンテージ

私達、柔道整復師が使用している包帯は綿包帯と言って、伸縮性が無く巻き方が難しいので、チーム単位で持つのであれば伸縮性包帯やバンテージで良いと思います。バンテージは100mm幅の9.1mが色んな箇所に使いやすくオススメです。

固定具

今回私が自身を持ってご紹介したい固定具がこちらのロールパッドです。

軽量でハサミでカットが出来て、添木になります。

私も現場で起きた大腿骨骨折+前十字靭帯断裂の大けがした方に応急処置で使用し、本当に助かりました。

ロールパッド 100mm×90cm LINDSPORTS リンドスポーツ

価格:2,960円
(2023/4/8 10:44時点)
感想(0件)

その他

傷口を洗う水や、絆創膏、ワセリンやガーゼなど、応急処置に必要な物があると良いと思います。

スポーツ現場にはたくさんの危険があり、その危険を予測して準備する事が大切です。

是非、備えて安全なチーム運営をしてみて下さい!


安達愛美(柔道整復師)

自身の学生の時のケガをきっかけにスポーツトレーナーを志す。
その後、国家資格取得の為に専門学校に入り直し見事合格。整骨院を開業し自身で治療家として活動すると共に、学生スポーツの現場でもトレーナーやコーチとして活動している。

●スポーツメディカル整骨院 院長
 ▷整骨院ホームページ
●一般社団法人 日本治療家研究所 理事
 ▷法人ホームページ
●都立高校水泳部外部指導員
●公立中学校バスケ部トレーナー


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です