足関節捻挫を甘くみない

こんにちは。

柔道整復師の安達です。

皆さんはスポーツ中におけるケガで何が1番多いケガかご存知でしょうか?

ダントツで発生件数がNo.1なのが足関節捻挫です。
※災害共済WEBページ情報

ちなみに私も何度も足関節捻挫をするおてんば娘でしたが、何度も繰り返すうちに足関節は緩くなり

最終的には手術しないと治らないとまで言われ高校生の時に手術をした経験もあります。

当事者である私がはっきりと言いたいこと。それは…

その捻挫!放置しないでー

です。

痛みがとれないので相談に来ました。という段階で2週間経過している方もいらっしいます。

もうその段階では痛みをとることは出来ても、緩さが残ってしまうという事は十分に考えられます。

上の図のように靱帯が損傷してしまた場合、治る過程で損傷部位を近づけて固定しておかないと、靱帯がその離れた状態で修復してしまう為、緩さが残りやすいのです。

捻挫はかなり骨が関節内で動かされて靱帯を痛めますから、骨の位置が正しいのかもチェックをして

骨の位置が悪い場合は位置を調整してから固定する事も考えなくてはいけません。

と、細かく書いていると「軽い捻挫でも見せに行かなきゃ!」と、なりますよね。

私も、お子様が捻挫して親御さん判断で医療機関に見せに行かなかった場合、色々と説明すると

一緒に来院されて保護者の方が、とても申し訳なさそうな顔をされるので私も心が痛みます。

なので、まずはケガをしたら医療機関に!

その日のうちに行けなければ応急処置もご自宅で行なって下さい。

応急処置方法

まず簡単なところでお伝えするとアイシングです。

ちなみにコールドスプレーはアイシング効果出せないです。

もっとちなみにですが湿布もアイシングには入らないです。

アイシングは氷で患部を冷やす事が鉄則です!

バケツに氷水を入れて足を入れてしまうか、氷嚢やアイスパックを作って患部に当てて固定して下さい。

20分以上冷やすと効果的です。この時、患部以外が寒くならないように上着などを用意しておくと良いでしょう。


保冷剤を使用する場合は、濡れたタオルで巻いてから患部に当てると凍傷予防になります。

そして、これだけでは終わりません。

家での応急処置に是非入れて頂きたい

圧迫固定

本当にこれは切実に訴えたい!!

アイシング1回して、その後何もしないとどうなりますか?

アイシングの効果は一時的なものになります。

なので、出来たらで構いません。

バンテージや弾性包帯で足首を圧迫しておいて下さい。

圧迫をしておかないと腫れがひどくなるのです。

私の個人的な見解では、アイシングよりもこっちが重要だと思っています。

圧迫がきつければ鬱血するので、また緩めて固定し直せば良いので安全な応急処置になります。

Youtube張っておくので、ご参考になさって下さい!

どんな物で行えば良いのかはこちらのツールを是非ご購入ください。

弾性包帯ではなく、サポーターで固定をしたい方はこちらが医学的にも良いとされている商品になります。チームに1つあっても良いかもしれません。

McDavid マクダビッド M199アンクルガード ライト

価格:4,290円
(2023/4/10 18:24時点)
感想(41件)

足首の捻挫は軽視されがちなケガでありますが、本当に靱帯以外にも痛めてしまうような動きでなるケガですので

痛めてしまった場合は医療機関にご相談いただくようお願いいたします。


安達愛美(柔道整復師)

自身の学生の時のケガをきっかけにスポーツトレーナーを志す。
その後、国家資格取得の為に専門学校に入り直し見事合格。整骨院を開業し自身で治療家として活動すると共に、学生スポーツの現場でもトレーナーやコーチとして活動している。

●スポーツメディカル整骨院 院長
 ▷整骨院ホームページ
●一般社団法人 日本治療家研究所 理事
 ▷法人ホームページ
●都立高校水泳部外部指導員
●公立中学校バスケ部トレーナー


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です